忍者ブログ
今昔きもの美に 触れて・・・眺めて・・・着こなして・・・   あなた色のコンテンポラリーな着物ライフはじめてみませんか
2017-061 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 prev 05 next 07
1  2  3  4  5  6 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



大変久しぶりの更新となってしまったこと、お詫びいたします

さて、皆様にお知らせです

長年集めてきた、全国の染織の品々

長い長い日本の着物の歴史からすれば、ほんの少し前からのものにすぎませんが、着物の好きな方々に触れていただく機会になれば幸いです


期間: 7月5日(日曜日)~ 7月11日(土曜日)

時間: 午前11時より午後5時まで

場所: 「和空」

尚、毎日午後2時より、展示物の簡単なレクチャーあり

また、午後3時過ぎより、呈茶サービスもあり (お抹茶+お菓子 300円)

希望により、着たい、着せたい着物のコーディネート体験も検討中




少し戯れ言を・・・
 
 
着物好きの祖母の影響で、日舞を6歳から始め、週2回は浴衣でお稽古

20代前半で名取を取り、結婚、出産

主人の理解もあり、師範を目指して稽古再開

弟子も増えた頃、主人45歳で病死

手塩にかけて育てた弟子たちもそれぞれに・・・

時代のながれは、着付け教室という道もひらいて・・・

50年以上の着物とのご縁

日舞を通して得たものを糧とし、

インテリアコーディネーターの知識も生かし、

世界に誇る、日本の伝統衣装である着物を、次世代につないでいく

小さな草の根のようなことしかできないけれど

それが今の私にできること

そんな還暦の記念の会です




PR


台風一過、今日はひどい風ですが、この辺りは土砂崩れも大雨もなく・・・

被災地の方々にはお見舞い申し上げます

さて、先月のおけいこの折の一コマ、アップするのが遅れてしまいましたが、この透け感で涼しさをお届けできれば・・・

夏大島に、絹芭蕉の染帯、すずめ柄です

薄いベージュの絹芭蕉ですから芯に悩みましたが、涼やかさを出したほうがよいと思い、結局白地にしました

お太鼓には三羽のすずめが枝に止まっています

すっきりと墨絵風に描かれているのですが、よく見ると、このすずめたちの表情がとてもかわいく、思わず微笑んでしまいます

私はとにかく帯の芯地や、幅にうるさく、こだわりがあり、こちらも当然そのこだわりを反映したもので、お太鼓の形は本当にきれい!

この帯に合わせたかのように、銀細工の帯留めと帯締めをゲットしてきたNさんの装いは、周りを涼やかにして、目を楽しませ、夏きものの楽しさを伝えてくれています

このコーディネートで、どちらへお出かけしましょうか???







ブログの更新をさぼっている間に…きょうは梅雨らしい雨空

庭のアジサイが生き生きしてとてもきれいです

そして、居間にはかきつばたの帯を飾り、季節を愛でながらのひと時はくつろぎタイム

前々から帯を飾り、ひとり鑑賞の時を楽しんでいるのですが・・・

そのハンガーがチェンジです!

これまでハンズ等で、気の利いた和装ハンガーはないものかと探してはいたのですが見つからず、よくあるプラスチックのものに掛けておりました

こだわりは捨てきれず、今回パソコンで検索して探してみると、出てきたのがこちらのお品

現在あちこちの着物イベントの折に出品されているようですが、本職は?大阪のクラフトマンの方のようです

本体は無垢材で,紐(江戸組紐)と材質は選択可能

私は桜に練色のひもをチョイス

シンプルですが着物と帯の両方をかけることもできます

使い方次第では面白そうなお品

今回お試しで一本注文したのですが、送料や振込手数料がばかにできませんから、ある程度まとめてお願いしたほうがよいかと思います











久しぶりの更新になってしまいましたが・・・

先週末は東京での展示会、展覧会をはしごしてきました

地方に住んでいるとあれこれ開かれている催しの中から取捨選択して自分なりの優先順位をつける必要があります

ふと顧みれば、今回見てきたものは実は京都産のものばかり・・・

なぜ、東京で、京都???

常に新しいものを求め、挑戦し続けるには、やはり東京、という場所はそれにふさわしい場所なのでしょう

その東京の銀座で、三年ぶりに個展を開かれる、とのお知らせを頂いたのは

東京友禅の生駒先生

不思議なご縁を頂いて、以来そのご活躍を蔭ながら応援しています

この時代にあって、次世代の東京友禅の担い手を育てていこうとしている姿勢

常にその弟子たちの先に、我が身を置いていかねばならない立場をあえて楽しむ?姿勢

同世代の私には刺激ある存在なのです

もうここ何年か続けて日本橋三越で個展をされている先生

先生とのお話で印象に残っていること・・・

それは、日本橋三越の呉服売り場の方が自分の作品を買ってくれた、とうれしそうに語った折のお顔

雑誌やショップでのメディアの扱いとかでなく、目利きであろう老舗の売り場での扱いこそ

職人としてのエネルギーを充電出来得ることであり、またその先の高みへと自分を推し進めていく力にもなっていくのでしょう

展覧会用の作品と、纏う着物、締める楽しみのある作品

その両方が揃って拝見できるのが個展

その違いを自分なりに感じたいと

さて、どんな作品が並ぶことでしょう?
 
今から伺うのが楽しみです!

桜の便りもちらほらと

心ウキウキ!

きものでお出かけ、してみませんか!


  
3月25日(火)から30日(日)まで

銀座かねまつホール にて



久し振りのブログの更新となってしまいましたが・・・

今回はジャズコンサートへのお誘いです

先日お電話を頂いたのは、豊川在住のKさん。

穏やかでしとやかな彼女は、実は好奇心旺盛でこだわりの一面ももちあわせている。 そんな彼女、なんでも友人の誘いで聞きに行ったジャズコンサートでとても感動したと。 

人の縁とは不思議なもので、その後、このジャズシンガーとの距離を縮め、豊橋での初コンサートを開くことを会社の上司へ提案、そして今回実現の運びとなったそうです。

パンフレットを拝見し、彼女を感動させた、本場仕込みのジャズを聴いてみたいと。

私は洋楽等、音楽の素養はないけれど、本物は何にでも通じるものだ、という ある種の 「におい」 みたいなものに触れた時、それはジャンルを問わないのです

年を重ねることで出会う偶然は、実は必然であったりするのだと。

いい出会いを大事にしたい、そんな思いの方々が集いそうな気がするコンサートになるのではないでしょうか

11月27日(水) 19:00~ ホテルアークリッシュ豊橋 にて

着物姿の似合う季節です。ちょっとおめかしをして、気合を入れたお着物でお出かけされてはいかがでしょうか?

以下は頂いたメールの添付コピーです

名門ジャズクラブ南青山のBODY&SOUL、六本木のAlfieのレギュラー出演をはじめ東京を拠点に
全国のライブシーンで活躍されているジャズボーカリスト、ウィリアムス浩子さん。

11/27(水)ニューアルバム「A Wish」リリースツアーの千秋楽としてアークリッシュ豊橋で演奏していただけることになりました。
(このツアー、名古屋での演奏はなく、県内は豊橋のみとなっています。)

 ■ウィリアムス浩子さんホームページ
  
http://hirokowilliams.com/J/Hiroko_Williams.html

 ■ニューアルバム『A Wish』特設サイト
  
http://hirokowilliams.com/w/A_Wish.html
  ※「CD info」 のタブから、♪をクリックすると試聴できます。

レコーディングメンバーであるジョン・ディ・マルティーノさんにもニューヨークからお越しいただきます。
美味しい食事やお酒を楽しみながら、温かい歌声に包まれる、そんな秋の夜の過ごし方のはいかがでしょうか。

ホテルへ直接申し込み or 夏目宛にご連絡くださっても大丈夫です。
(なお、早期予約価格は10月末までとなっております。)

みなさまとご一緒できることを楽しみにしています。

最新コメント
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
カウンター
"beni" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]