忍者ブログ
今昔きもの美に 触れて・・・眺めて・・・着こなして・・・   あなた色のコンテンポラリーな着物ライフはじめてみませんか
2017-101 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 prev 09 next 11
577  576  575  574  573  572  571  570  569  568  567 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



知り合いが勤めている呉服屋さんでは、今年も浴衣の売り上げは快調だったとのこと

特に、若い男性用の浴衣が増えたと

いいことですね! 

「和空」へ着付け教室にみえていたご夫婦も、普段に、カジュアルな着物を着こなしたい、との希望で独自の感覚でコーディネートをして楽しむようになりつつあるようです

カジュアル着物で、最近特に目が離せないのが、デニムの着物、ではないでしょうか?

今年春先、銀座のきもの市でもカジュアル着物が色々と提案されていましたが

そういう目線で検索してみると、まあ、いつの間に、こんなに沢山の種類のデニム着物が!、と驚かされてしまいました

通常の木綿100%のデニムから、単衣、夏用の綿麻のものまで、又柄物や刺繍の入ったものまで

ジーンズと同じ感覚で、年中対応可能な品ぞろえ

価格も一万前後から、となれば、ちょっと手初めに着物にチャレンジする方にも確かにとっつきやすいと思います

当然、ペアルックも思いのほかおしゃれ心をくすぐるでしょう

でも意外や意外、このデニム着物、中年のいわゆる着物に着慣れた年齢層に受けている一面があるということ

帯合わせ、小物使いで、「らしさ」 が発揮できる、そんな普遍性がうけているのかもしれません

まるで、昔の藍の木綿着物のように

一方、現代にジーンズを持ち合わせない人がいないくらいポピュラーな素材を使うことで、ワールドワイドに広がる可能性も感じるのは私だけではないはず

反物の幅がキングサイズになっても、まだ対応できないような裄のサイズでも、たぶん大丈夫でしょうから

そうなってくると、いつか、着物文化にあこがれている世界中の人々が、洋服感覚でさっそうと街を闊歩する姿を見る日が来るかもしれません

酷暑の中、妄想も膨らんでしまいました(笑)




PR
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS
最新コメント
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
カウンター
"beni" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]