忍者ブログ
今昔きもの美に 触れて・・・眺めて・・・着こなして・・・   あなた色のコンテンポラリーな着物ライフはじめてみませんか
2017-101 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 prev 09 next 11
526  525  524  523  522  521  520  519  518  517  516 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



裏糸が渡っている花織のお着物といえば?

それは読谷山

やっぱり着てみて文句なしに暖かいのです

そしてシワにならない

今回東京で4日間着ていたのですが

家に帰って吊るして眺めて見ても座りジワひとつなく

汚れもついてない気がする(笑)

これが正直とても安心して着られる旅行用アイテムとして

又真冬のお着物としてつい手が延びてしまう所以です

ここで載せたのは図らずも他種の花織帯

一つは首里織、もう一つは国画作家のもの

不思議なものでこうして載せると細かな花織同士なのですが

違和感なくお互いを引き立て合い

且つ、さりげなく馴染んでしまう

草木染同士という相性もあるでしょうが

若いときには絶対しなかったコーディネートだと

自分で妙に納得しながら

着物のもつ奥深さをまたまた痛感してしまうのです







PR
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS
最新コメント
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
カウンター
"beni" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]