忍者ブログ
今昔きもの美に 触れて・・・眺めて・・・着こなして・・・   あなた色のコンテンポラリーな着物ライフはじめてみませんか
2017-101 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 prev 09 next 11
289  288  287  286  285  284  283  282  281  280  279 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



2月のはじめに八重山へ行った事はご紹介済みですが、その折求めてきた帯です

いわゆるB反と呼ばれるもので、お値段も格安

現地ならではと、在庫のタイミングが遭わないとゲットするのは難しいですが、とてもお値打ちでした!

この帯も一度は証紙が張られたものの、厳しい検査の結果、織はじめに緯糸の歪みが見られ、シールがはがされてしまったお品とのこと

問屋さんからすると、反物を広げて目にする最初の部分なので気になるのでしょう

が、仕立てる段では、その部分はたれの裏になる部分

私にとっては別段気にするほどのことでもありません

いえ、むしろそのような些細なことでも商品の価値が落とされてしまう・・・

そのことに驚きと、織手の方の思いは如何ばかりなものかと・・・

少々胸の痛む気持ちになって・・・

手織、手作りの「味」といえば、すべてを納得させてしまう風潮が無きにしも非ずの現在ですが、これが、歴史ある、琉球織物の変わらぬ姿勢なのではないでしょうか

現地に行って初めて知った、人頭税の厳しさ

この歴史があるからこそ、質のよい上布が生まれ、それ等の織物がほとんど沖縄から外へ運ばれて・・・

沖縄県人が纏う事は今でもほとんどないという

この帯を締めるたび、あの碧い海とともに、石垣の優しい人々とのふれあいを思い出すことでしょう








PR
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS
最新コメント
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
カウンター
"beni" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]