忍者ブログ
今昔きもの美に 触れて・・・眺めて・・・着こなして・・・   あなた色のコンテンポラリーな着物ライフはじめてみませんか
2017-101 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 prev 09 next 11
292  291  290  289  288  287  286  285  284  283  282 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



このところの冷えで、思いのほか桜が長持ちしていますね

満開の桜を眺めては、春の喜びに浸り・・・平和であることの実感でもあります

芽吹く春、花たちからのエネルギーをいっぱい浴びて

心は自然にほころんで・・・

つかの間の「最上の時間」を共有したくなるのかもしれません

この時期、何となく桜色を着たくなってしまいます

ギャラリーにも桜色の装いをしてみました

遠めに見ると淡いグレーに見えますこのお着物、実は紅花染め

かけているだけでは何の変哲も無い無地の紬のようですが・・・

光が当たるとピンク色が際立つから不思議です!

昔は紅花にはまったく興味が無かったのですが、ある時からその魅力に惹かれだして・・・

「紅花」 は、別名「末摘花」 ・・・源氏物語に出てくる女性にもこの名があり、愛らしいイメージも

食用から口紅、染料等々・・・

古代より脈々と重宝されてきたのですね

桜からは桜色に染まらず、紅花からはきれいな桜色の糸が

紅花染めのお着物といえば、山形の「新田工房」、そして山岸幸一氏

実際に山岸氏の反物に触れて、そのピンクという一言では言い表せないほどの綾なす色・いろ・色!

自然と真剣に対峙している姿がそのまま作品に表れる・・・

そういう織物に触れるときは、何か対話しているような・・・

不思議な感覚と感動を覚えるときが・・・

そんなことがたまにあるのです

糸の精にでも出会ったような・・・

いつか、氏の作品を実際に纏ってみたいと・・・

夢かなう日はいつでしょうか???

PR
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS
最新コメント
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
カウンター
"beni" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]