忍者ブログ
今昔きもの美に 触れて・・・眺めて・・・着こなして・・・   あなた色のコンテンポラリーな着物ライフはじめてみませんか
2018-121 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 prev 11 next 01
337  336  335  334  333  332  331  330  329  328  327 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



10月4日、アイプラザ豊橋で吉田をどりの公演があります

あと一ヶ月をきってしまいました・・・

舞台公演というのは本当に怖いもの

歌舞伎役者が20日以上毎日舞台に立つのは、やはり体力的にも、大変なこと

毎月のように舞台に立つ役者は次回の公演までに数日しかない場合も多いとか

その短い期間に集中して次のお役のせりふ等を覚えなくてはいけないわけで、それこそ毎日の舞台で自分のお役以外のものまで勉強していかなくてはとてもとても・・・ではないかと推測します

歌舞伎には広いジャンルの役柄があり、若い頃には未経験のものが多いのが当たり前・・・

何事も経験の積み重ね、初役ともなれば、それぞれの役の経験者、つまりは先輩に教えを請うて「役」を勉強していくのが常

それゆえ、初日と楽日には芸が見違えるようになった、と言われる事もしばしば

それに比べ、現在プロの日本舞踊家と云われる方々の公演でも多くて数日

いろいろな面で危機に面しているのが実情といわざるを得ないかと

何が問題か、どうしていくことがベストか、ずいぶん長い間試行錯誤しながら日本舞踊に携わっている・・・

それが実情のような気がします

それでも現代に即した日本舞踊の環境づくりをしようと、若い世代が活動をしていて、少しずつ風が変わっていいきつつある・・・

そんな風にも感じます

昨年25周年を迎えた吉田をどり

豊橋という、一地方で4半世紀、毎年続けてこれたのは、日本舞踊への熱い思いを持った方々のおかげです

本番はたった一日の数十分

その時に照準を合わせて稽古に励む面々

舞台にたつことの出来る幸せを、踊る楽しさを身体いっぱいで表現したい!!!

迷いながらも ひとつこと

迷いながらも 一本道

ご都合つきましたら、是非ご高覧くださいますよう、お願い申し上げます!!!
PR
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS
最新コメント
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
カウンター
"beni" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]