忍者ブログ
今昔きもの美に 触れて・・・眺めて・・・着こなして・・・   あなた色のコンテンポラリーな着物ライフはじめてみませんか
2017-101 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 prev 09 next 11
502  501  500  499  498  497  496  495  494  493  492 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



ヤマガタヒロミチのシルクスクリーンの絵を買ったのはバブリーな頃

一体いくらだったでしょうか?

今は絵を買う趣味は消えうせ・・・

もっぱら帯をかけて眺めております

こちらは東京友禅作家、生駒氏の染め帯

正倉院文様のひとつ、鴛鴦文を裂取風にアレンジしたものでしょうか

帯には昔からよく使われる題材で見かけることも多いのですが

自分のイメージに合うものとの出会いはこれが初めて

今年の春の個展の折、思わず手が伸びてしまいました

技巧的なこととか、難しいことは解りませんが

私にとって大事なことは手持ちの着物との相性

染め帯ながら袋帯の格を持たせるためには

刺繍も、箔も使ってはいますが

それよりも、この色使いが正倉院文様を魅力的にしてるのだと

現代感覚の、「江戸前の古典」 とでも言いましょうか

これに理屈抜きに弱いのかもしれません(笑)

古典が今に残るにはそれなりの理由があるでしょう

また古典にはいろいろなジャンルもあります

それぞれの世界で、現代の中で研ぎ澄まされたものだけが残ってゆく

その為には常に何か新しい感覚を持ち続ける

感性は常に磨いていくものなのでしょうね

いい帯は飾っておいても見飽きないもの、絵になるもの

そんな帯を増やしていきたいものです








PR
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS
最新コメント
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
カウンター
"beni" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]