忍者ブログ
今昔きもの美に 触れて・・・眺めて・・・着こなして・・・   あなた色のコンテンポラリーな着物ライフはじめてみませんか
2017-101 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 prev 09 next 11
235  234  233  232  231  230  229  228  227  226  225 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



10月が神無月と呼ばれる由来・・・ご存知ですか?

この月、島根県の出雲大社で会議を開くため、日本中の神様が集まってしまって、他のところには神様がいなくなってしまうから

それで、出雲地方では、10月を「神在月」と呼ぶそうな

こんな旧暦の呼び名ももう過去の遺物となってしまっているかもしれませんが、この響きが好きな私です

ここ数日の急な冷え込みに、着物の世界も袷の準備に忙しくなりそうですが・・・

写真は、その昔、10月の始め頃までは暑い日もあると思い、単衣の秋用にと誂えた小紋

柄を見ていただいてもお分かりのようにまさに 「秋」 してます!

塩瀬羽二重に手描きのこの着物・・生地が良過ぎて(笑)、単衣の時期とはいえ9月の末以降でないと暑くてたまりません

手に入れた30代には、ただこの絵画的な秋の雰囲気がなんとも手放しがたく・・・帯をどうしようと思っては、反物のまま箪笥に眠ること??年

「和空」を開いてからやっとお仕立てしてお目見えとなりました

秋のお出かけにはこんな小紋で颯爽と・・・のつもりでしたのに・・・

先日もどなたかがおっしゃっていましたが、最近のお茶会では、若い方のお着物姿に訪問着が多いとか

確かに訪問着ならある意味、無難は無難ですが、やっぱり面白みには欠けるかと

毎週のように開かれているお茶会となると、なかなかお召し物も大変でしょうが、季節感を大切にする世界だからこそ多少のこだわりをお持ちいただきたいと思うのが正直なところ

小紋は季節も、個性も楽しめるお着物です

お値段的にもお安く手に入る、リサイクル着物等も上手に活用していかれるとよい様に思います

さて、あなたなら、どんな帯を合わせて、「秋を纏う」 コーディネートをされるでしょうか???

おしゃれを楽しむ醍醐味は、こんな「みじかい秋」 にあり!?!



PR
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS
最新コメント
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
カウンター
"beni" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]