忍者ブログ
今昔きもの美に 触れて・・・眺めて・・・着こなして・・・   あなた色のコンテンポラリーな着物ライフはじめてみませんか
2017-101 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 prev 09 next 11
343  342  341  340  339  338  337  336  335  334  333 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



男のきもの姿が話題になってもう久しい気がします

よく観察していると、浴衣のペアも増えているし、男性の着物売り場も以前より拡張気味のよう

男着物専門店も出来てきて、現在の最高技術で作ったという、プラ・・ボーイという新品種の生糸を使ったおしゃれ度抜群のお品など、とても素敵なものでした

こだわりだせば糸から~は当たり前ですが・・・

また、着こなしも、昔のように着物と羽織の同じ柄、色のアンサンブルは姿を消し?・・・

ユニセックスのような柄の羽織や着物も登場しています

それをまた女性が好んで着るもあり、なのです

着物もファッション、おしゃれにうるさい人ほど、自分らしく、オリジナルを求めるのは常なり

昔より、こだわりは女性より男性のほうが上手かもしれません

アンティークの世界を見てみれば・・・

根付にしろ、小物には相当のこだわりを感じる品が色々と

羽織の「裏勝り」もしかり

その着こなしを見て、世の女性たちは心ときめかすものでしょう

写真は、京都の白生地問屋で見つけた漆糸入りのお召し生地に、こだわりの色で染めた一点もの

「よっ、粋だねえ!」 

と声がかかるやも知れません

颯爽と着こなす殿方のお隣を歩くのは、さてどなたでしょう?

PR
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS
最新コメント
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
カウンター
"beni" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]